詳細編

 

⇒「ツール」画面の、「オプション」を開きます。



⇒まずは「全般」タブの「自動的にWindowsメッセンジャにログオンする(L)」のチェックを外す。




⇒「読み取り」タブを開き、「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る(R)」にチェックを入れる。

これは、「HTML形式」で送られてくるメールは、ホームページを閲覧するのと同様で、簡単な技術でプログラムを起動することができ、意図しない事になる恐れがあるからです。
また、そのメール(ページ)にある画像は、メール本文に添付された画像ではなく、別のサーバーからダウンロードさせる事も可能なので、画像と一緒に他のモノもダウンロードしている可能性もある。


⇒「送信」タブを開き、
「返信したメッセージの宛先をアドレス帳に追加する(O)」のチェックを外す。
「受信したメッセージと同じ形式で返信する」のチェックを外す。



「メール送信の形式」を、テキスト形式にする。

この事により、メール本文の装飾(色や書体、文字の大きさ)は出来なくなり、写真も本文に挿入することが出来なくなります。 受信したメールもタダの文字だけになり、写真は添付書類として付いてきます。
メールが味気なくなりますので、推奨はしますが強制はしません。 (後は自己責任)

⇒「セキュリティ」タブを開き、
「ウィルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない(N)」のチェックを外す。


セキュリティとは逆のように思われますが、添付ファイルが操作出来なくなりますので、あえてチェックを外します。 チェックを入れてると、「メールから削除しました」と言うようなメッセージが出て(実際には削除していない)、添付ファイルが操作出来なくなります。
基本的に添付ファイルのチェックはウイルス・ソフトで行い、メールソフトでは受信に専念しましょう

これでメールの設定は完了です。

ご苦労様でした。
疲れたので戻る              戻る             ↑Outlook設定TOPへ